Q.10年以上前に父が亡くなり、父の住んでいた家の固定資産税等をずっと私が払ってきました。他の兄弟たちはまったく無関心で、いまだに遺産分割の話もできていません。私が父の家のために負担してきた費用は遺産分割で考慮してもらえるのでしょうか。

 A.特に遺産の中に不動産が含まれている場合には、相続が開始した後、遺産を維持・管理するための費用が発生してきます。イメージしやすいのは固定資産税などの公租公課や家屋の修繕費などでしょう。

 相続開始後、すみやかに遺産分割をして、誰がどの遺産を相続するかをはっきりしていれば、トラブルを回避することもできるのですが、遺産分割の話し合いがなかなか進まない場合には、相続人の一人が遺産管理費用を負担し続けているということもよくあるかと思います。これが相続人間での不公平さを感じる要因となり、さらに遺産分割の話し合いが進まなくなる事態が生じることがあります。

 遺産管理費用といっても、その項目も多種多様にわたっており、費用を支出する必要性があるかどうかも一律ではありません。

 実務では、調停の中で当事者が遺産管理費用についての合意ができれば、遺産分割の対象にすることができますが、合意ができない場合や審判となった場合には、遺産分割の中では解決することはできず、別途、民事訴訟等の手続きをとる必要があります。

 したがって、他の相続人との間で合意をするためには、遺産管理費用の明細とその裏付け資料がとても重要になります。そしてやはり、遺産分割はできるかぎり早期に行うべきでしょう。

 遺産管理費用は複雑かつ専門的な分野でもありますので、弁護士に早めに相談されることをお勧めします。(弁護士 矢野雄基 武雄市)

このエントリーをはてなブックマークに追加