混合ダブルス決勝 中国ペアを破り、ガッツポーズする水谷隼(右)、伊藤美誠組=東京体育館

 混合ダブルス決勝 リターンする伊藤美誠。左は水谷隼=東京体育館

 東京五輪第4日の26日、卓球の混合ダブルス決勝で水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=組が許キン、劉詩ブン組(中国)を破り、優勝した。1988年ソウル五輪で実施競技になった卓球で日本勢の悲願だった金メダルを、今大会の新種目で獲得した。

 静岡県磐田市出身の2人は第2シードから順当に勝ち進み、決勝でも2019年世界選手権個人戦を制した強豪ペアを破った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加