「黒い雨」訴訟の広島高裁判決に関し、記者団に上告を断念すると明らかにした菅首相=26日午後、首相官邸

 広島への原爆投下直後に降った「黒い雨」を巡る訴訟で、一審に続き原告全員に被爆者健康手帳の交付を認めた広島高裁判決に関し、菅義偉首相は26日、上告断念を表明した。内部被ばくを含め広く被爆者認定すべきだとの同判決が確定する。上告期限が28日に迫る中8月の終戦76年を前にした政治決断。首相は原告84人にすぐに手帳交付するとし、同じような立場の被害者の救済に関しても「早急に検討したい」と述べた。高齢化した黒い雨に遭った人たちに救済の道が開けた。

 菅首相は「多くの方が高齢者で、病気の方もいる。速やかに救済すべきだと考えた」「県、市としっかり連携する」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加