佐賀県は26日、伝統産業の事業者を対象とした支援金の申請受け付けを始めた。新型コロナウイルス禍で売り上げが減少したことを要件に、法人や団体に20万円、個人事業主に15万円を交付する。申請期間は8月31日まで。

 支援金の対象は、国指定伝統的工芸品の伊万里・有田焼と唐津焼をはじめ、諸富家具やうれしの茶といった県指定伝統的地場産品などの事業者になる。今年3~6月のいずれかの月の売り上げが、前年か前々年の同月と比べて減少したことなどを要件としている。

 伝統産業への支援金は昨年に続き2回目で、一律10万円だった前回から5~10万円増額した。交付対象を700事業者と見込み、6月補正予算に約1億4千万円を組んでいる。

 申請は郵送だけで受け付ける。問い合わせはコールセンター、電話0952(25)7492=平日午前9時~午後5時。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加