決勝・佐賀北-東明館 佐賀北打線を完封した東明館の今村珀孔=さがみどりの森球場

 東明館の2年生エース今村珀孔が決勝でも“強心臓”の投球で佐賀北打線を7安打無失点と抑え込んだ。今村は「完封できたことより、チームが勝てたことがうれしい」と満面に笑みを浮かべた。

 今村は序盤3回をきっちり抑えることを念頭にマウンドに登った。伸びのある直球と変化球を外角中心に投じ、安定した立ち上がりで初回を無失点で乗り切った。

 二、四回には走者三塁のピンチを迎えたが、背番号「1」は動じなかった。打たせて取るピッチングでともに内野ゴロに抑えた。リードした捕手の加藤晴空は「本当に2年生かと思うくらい堂々としていた」と頼もしそうに振り返った。

 「ピンチを背負って当然。逆にピンチの時ほど冷静に自分のピッチングができる」と今村。無失策で乗り切ったバックの支えにも応え、スコアボードに0を並べ続けた。

 四回にはバットでも貢献。先制後の二死満塁から、今大会初安打となる左前適時打を放ち、貴重な追加点を奪った。今村は「2点目を奪えたことは、試合の流れや(自分の)精神的にも大きかった」。

 次の舞台は甲子園のマウンド。今村は「バックを信じ、いかに粘って投げられるか」と気を引き締める。雰囲気にのまれない、堂々としたマウンドさばきを期待したい。(草野杏実)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加