決勝・佐賀北―東明館 4回裏東明館1死三塁、5番窪山祥悟が中前に先制打を放つ。捕手上戸博史=さがみどりの森球場(撮影・鶴澤弘樹)

 東明館が「1点への執念」を貫き通し、悲願の初優勝をつかみ取った。中盤、4安打を積み重ね2点を先制。これを主戦今村珀孔が守り抜き、夢にまで見た甲子園の切符を手にした。豊福弘太監督は「1チャンス勝負という覚悟だった。打線がうまくつながった」と喜びをかみしめた。

 0―0で迎えた四回。佐賀北の好投手・荒谷紘匡に1安打と沈黙していた打線が息を吹き返した。先頭の3番井上陽向がバスターで左翼線に二塁打を放つと、犠打を絡め1死三塁。打席には5番窪山祥悟が入った。

 「単打でいい。とにかく1点をもぎ取る」。窪山は前進守備の二遊間を確認しセンター方向を意識。2球目のツーシームに懸命に食らい付くと、打球は勢いよく投手の足元を抜けた。三走井上が生還。ついに均衡を破った。指揮官に「今大会で一番成長した」と評され、前日は緊張で眠れなかったというが、ここ一番で勝負強さを発揮した。

 勢いは止まらない。後続が四球と内野安打で2死満塁とし、好投を続ける9番今村が、自らのバットで三遊間を破り1点を追加。投打にわたる活躍にベンチの盛り上がりは最高潮に達した。その後は持ち前の堅守で、チーム打率3割3分を誇る強力打線を封じ、三塁を踏ませることなく、ゲームセットを迎えた。

 昨秋はあと一歩で甲子園を逃し、悔しさをバネに成長を続けた。今大会6安打5打点と奮起した窪山は「甲子園でも雰囲気が盛り上がるようなプレーをしたい」と意気込む。優勝はまだスタートラインに過ぎない。甲子園1勝の目標に向け、ナインはさらに突き進む。(草野杏実)

 

栄冠への道のり

2回戦  1―0 伊万里実
3回戦  4―2 嬉 野
準々決勝 11―6 白 石
準決勝  6―2 唐津商
決 勝  2―0 佐賀北

 

学校紹介

 東明館 対馬藩田代領の藩校名を由来とし、1988年に開校した私立の中高一貫校。野球部も同年創部し、九州地区高校野球大会にはこれまでに3度出場している。OBに人気漫画「キングダム」の作者、原泰久さんらがいる。生徒数は260人(男子160人、女子100人)。三養基郡基山町宮浦。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加