「聖地再訪」の大願成就へ、背番号1は炎暑のマウンドでひたすらに腕を振った。2年前の夏、控え投手として甲子園でベンチ入りした佐賀北の左腕荒谷紘匡には、譲れない思いがあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加