秋以降の躍進へ、光明が見えた。1点が遠かった佐賀北打線にあって、2年生4番の森球道が3安打と気を吐いた。「中軸として、自分の打撃で甲子園に導く」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加