ソフトボール決勝・鹿島西部-鹿島東部 6回裏鹿島東部1死満塁、5番松本真空が中前適時打を放ちコールド勝ちする=吉野ヶ里町の三田川中央公園多目的広場

 初の栄冠に笑顔の花が咲いた。5月の県選手権大会と同じ顔合わせとなったソフトボール女子決勝は、投打がかみ合った鹿島東部が鹿島西部に7―0で六回コールド勝ち。決勝打を放った松本真空主将は「自分で決めようと思って打席に入った」と感慨深げだった。

▼有料▼

 鹿島東部は制球の乱れを突き初回に5点を奪うと、五回にも1点を追加。6―0で迎えた六回。1死満塁の好機で松本は「練習から意識していた」とインコースの球を力強く中前に運んだ。

 投げては主戦岩永心暖が三塁を踏ませない好投。1回戦から決勝まで全てコールド勝ちという快進撃に副島直哉監督は「修正すべきミスはあるが、着実に力がついている」と満足げだった。

 熱戦を繰り広げる東京五輪日本代表の試合も刺激になった。松本は「(佐賀女子高出身の)藤田倭選手のようなバッターになりたい。まずは九州を勝ち抜いて、全国制覇したい」。県大会で自信を深めたナインが、さらなる大舞台でも飛躍を誓う。(大橋諒)

 

 準決勝 鹿島東部10―1有田(五回コールド)、鹿島西部12―11千代田(五回時間切れ)

 ▽決勝

鹿島東部  7―0  鹿島西部

   (六回コールド)

(鹿島東部は初優勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加