全国大会での抱負を述べる江北少年の百武真之介主将(中央)=佐賀市天神の佐賀新聞社

激励金を受け取る佐賀スターガールズの吉田莉子副主将(中央)

 高円宮杯第41回全日本学童軟式野球佐賀県大会(佐賀県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、日本マクドナルド協賛)で8年ぶり2度目の頂点に立った江北少年(江北町)の激励会が25日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれた。選手たちは2年ぶりに開催される全国大会での健闘を誓った。

 県軟式野球連盟の鶴登理事長は「持ち前の守りから攻撃につなげれば、全国でも通用する」と期待を示し、佐賀新聞販売店会佐賀会の北村美成会長は「県大会は素晴らしい攻守を見せた。日頃の成果を全国で発揮して」とエールを送った。

 県大会は決勝までの7試合で62得点を奪う攻撃を見せ、7失点の堅い守りも光った。土井稔康監督は「県内120チームの代表として、初戦突破を目指す」と述べ、百武真之介主将は「コロナの中で全国大会に行けることに感謝し、力いっぱい戦う」と話した。

 組み合わせは29日に決まり、全国大会は8月17日に新潟県で開幕する。

 この日は、愛媛県で開かれる全日本女子学童軟式野球大会に出場する県選抜の「佐賀スターガールズ」の激励会も開かれ、吉田莉子副主将(東与賀少年)が「全国大会では笑顔で楽しく、仲間と協力してプレーする」と抱負を語った。大会は7月31日から8月5日まで、松山市の坊っちゃんスタジアムなどで開かれる。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加