米海軍制服組トップのギルデイ作戦部長(左)との会談に臨む岸防衛相=25日午後、防衛省

 岸信夫防衛相は25日、米海軍制服組トップのギルデイ作戦部長と防衛省で会談し、「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進する方針を確認した。岸氏は「安全保障環境は一層厳しさを増している。地域の平和と安定のため、日米の防衛協力を一層洗練、深化したものに発展させていかなければならない」と述べた。

 ギルデイ氏は「日米同盟は揺るぎないものであり、インド太平洋地域の平和と安定の礎だ」と強調した。日米で取り組むべき課題として、海上自衛隊と米海軍の共同訓練や人道災害支援を挙げた。

 防衛省によると、両氏は中国が軍事活動を活発化させる東アジア地域の情勢を巡り意見交換。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加