第103回全国高校野球選手権佐賀大会最終日は25日、佐賀市のさがみどりの森球場で決勝が行われ、東明館(基山町)が佐賀北(佐賀市)を2-0で破り、初の甲子園出場を決めた。

 東明館は四回、3番井上陽向の二塁打を足掛かりに1死三塁とし、5番窪山祥悟の中前適時打で先制。なおも二死満塁から9番今村珀孔の左前適時打で1点を追加した。

 主戦今村は走者を許しながらも、要所を締めた。

 全国大会は8月9日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれ、3日に組み合わせ抽選会が行われる。
 

 号外はこちらから

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加