剣道女子団体決勝リーグ・大和-三瀬 大将戦でメンを2本奪い、優勝を決めた大和の楢橋優那(右)=基山町総合体育館

 ○…剣道女子団体は、大和が大将戦を制し3大会ぶりに女王の座を奪い返した。

 4校で争った決勝リーグは2勝同士で大和と三瀬がぶつかり、1―1のまま大将戦にもつれ込んだ。大和の楢橋優那は、先にメンを奪われ苦しい展開。焦りもあったが「今まで練習してきたことを信じよう」と気持ちを切り替え、得意のメンで振り出しに戻すと、延長で渾身(こんしん)メンを決め、栄冠を勝ち取った。

 三瀬戦は引き分け以上が優勝条件だった。「絶対に1本奪って全国を決めると思っていた」と楢橋。言葉通り、攻めの一本で全国の切符を手にした。「先輩たちに続き全国制覇した3代目のチームになる」。宿敵を倒し自信をつけた主将は、目標の日本一へ躍進を誓った。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加