男子60キロ級で優勝し、金メダルにキスをする高藤直寿=日本武道館

 女子48キロ級決勝でコソボ選手に敗れ、一礼して畳を降りる渡名喜風南=日本武道館

 女子400メートルリレー予選のレースを終え、タイムを見つめる日本。上左から酒井夏海、五十嵐千尋、池江璃花子。下は最終泳者の大本里佳=東京アクアティクスセンター

 体操男子予選で鉄棒の演技中に落下した内村航平。種目を鉄棒に絞り4大会連続のメダル獲得を目指したが予選落ちとなった=有明体操競技場

 東京五輪第2日の24日、本格的に競技が始まり、柔道の男子60キロ級で高藤直寿(28)=パーク24=が今大会日本勢初の金メダルを獲得した。この階級で日本選手の優勝は2004年アテネ五輪まで3連覇の野村忠宏以来、4大会ぶり。

 女子48キロ級の渡名喜風南(25)=パーク24=は決勝でコソボ選手に敗れたが、銀メダルを獲得し、柔道は初日から好発進した。日本のメダルは夏冬通算で500個を超えた。

 競泳の予選では優勝候補に挙げられていた男子400メートル個人メドレーの瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=が決勝進出を逃した。白血病から復帰した池江璃花子(21)=ルネサンス=らが臨んだ女子400メートルリレーも敗退した。

 体操男子予選で種目別鉄棒に専念した内村航平(32)=ジョイカル=は決勝進出の8位までに入れなかった。団体総合の日本は首位で決勝に進んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加