女子48キロ級で準優勝し、メダルを手に笑顔の渡名喜風南(左)=日本武道館

 女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチ(下)を攻める渡名喜風南=日本武道館

 渡名喜風南

 東京五輪第2日の24日、柔道女子48キロ級決勝で渡名喜風南(25)がディストリア・クラスニチ(コソボ)に敗れて2位だったが、日本選手団第1号メダルを獲得した。冬季大会を含めて日本の通算メダルは500個に達した。

 2017年世界選手権に初出場して優勝した。着実に力をつけ、初めて臨んだ五輪でも気後れせずに攻撃的な柔道を展開。頂点には届かなかったが、活躍が期待される「お家芸」の先陣を切って、聖地の日本武道館でメダルを確保した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加