第2ラウンド、通算8アンダーで6位の古江彩佳=エビアン・リゾートGC(共同)

 【エビアン(フランス)共同】女子ゴルフの今季メジャー、エビアン選手権は23日、フランス南東部エビアンのエビアン・リゾートGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、3位からスタートした初出場の古江彩佳は4バーディー、1ボギーの68で通算8アンダーの134とし、首位に7打差の6位につけた。

 4月のオーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権を日本選手で初制覇したアマチュアの梶谷翼は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72と落としたが、2アンダーの31位で決勝ラウンドに進んだ。

 女子メジャーの最少スコアに並ぶ61で回った李晶恩(韓国)が通算15アンダーで首位。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加