東京五輪第2日の24日、本格的に競技が始まり、柔道は男子60キロ級の高藤直寿(28)と女子48キロ級の渡名喜風南(25)=ともにパーク24=が準決勝に進んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加