女子Bパート決勝・北鹿島-北波多 第1セット、スパイクを放つ北鹿島の太田希彩=有田町文化体育館

 北鹿島・太田希彩(主将でエース。決勝で得点源となりチームをけん引) 1セット目はサーブカットからプレーがつながったけど、2セット目は少し崩れてしまった。負けている時も、お互いに声を掛け合うことの大事さが分かった。流れが悪い時も、ベンチと保護者からの応援があったから気持ちが盛り上がった。最後はみんな笑顔で終われて、一番うれしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加