佐賀市のナンバープレートデザイン(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

唐津市のナンバープレートデザイン(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

伊万里市のナンバープレートデザイン(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

「ゾンビランドサガ リベンジ」のキービジュアル(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

 テレビアニメ「ゾンビランドサガ」のオリジナルデザインを施したご当地ナンバープレートが、佐賀県内限定で交付されることを23日、アニメの製作委員会が発表した。第1弾は佐賀、唐津、伊万里の3市で、いずれも市の特徴的な建造物や催しをキャラクターと共に図案化したそれぞれ異なるデザイン。希望者に10月以降、順次交付される。

 佐賀市はバルーン、唐津市は市歴史民俗資料館、伊万里市は相生橋をモチーフに、いずれも作中のアイドル「フランシュシュ」のメンバー7人と共に図案化した。メンバーは親しみやすくデフォルメ化された描き下ろしで、バルーンを見上げたり、同館の屋根の上で憩う様子などが描かれている。

 交付対象は県内の各市町に定置場がある排気量50cc以下のミニバイク(原付一種、白色ナンバー)登録者。従来のナンバープレートと選択できる。佐賀市は800枚、唐津市は500枚、伊万里市は300枚の数量限定で、無くなり次第終了する。

 残る17市町も段階的に展開していくという。(志垣直哉)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加