エール賞が贈られたライフサポートはるの福島龍三郎理事長(左)と池田百合子会長=佐賀市の龍登園

 高次脳機能障害や知的障害がある人を支援する佐賀パイロットクラブ(池田百合子会長)は、佐賀市のNPO法人「社会福祉法人はる」にパイロットクラブ・エール賞を贈った。

 同賞は社会活動に積極的に取り組む団体・個人を応援するのが目的で、今回が2回目。同法人は重度の知的障害や自閉症スペクトラム障害がある人の地域生活を支える施設を運営し、先進的な取り組みやアート活動を展開していることなどが評価された。

 佐賀市の龍登園でこのほど行われた贈呈式で、池田会長は「今後ともお互いに助け合いながら歩んでいきたい」と述べた。同法人の福島龍三郎理事長は「社会福祉を担う決意でやってきた。19年間続いているのも、さまざまな支援のおかげ」と感謝した。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加