これからも地域の人たちに喜んでもらえる活動をしたいとする「むつみ会」の皆さん

 むつみ会の皆さんは人が集える明るい駅舎にしたいと、太良町のJR肥前大浦駅構内にある一坪公園に四季折々の花を咲かせています。会員15人で、定期的に集まり花の手入れなどをしています。花植えに必要な経費は、地元でアルミ缶を回収して得ています。25年間活動を継続しています。

 数年前からはサロンや駅舎に12月から1月初旬までイルミネーションを飾るなど、地域を元気づけています。一緒に活動してくれる仲間も募集しています。

(地域リポーター・副島花=嬉野市)

 山田 佳子さん(77)=代表

 むつみ会を立ち上げて25年。これからも地域の方に喜んでいただける活動を続けていきたいと思います。 

 末田 多美江さん(71)

 花の香にふと足留める駅前は絶えることなきボランティアの園

 江上 利恵子さん(77)

 地域の方と共に自分も楽しくできる事をしようと思い続けております。

 山田 文弥さん(80)

 活動の1番は12月の駅前のイルミネーション飾りです。さびしい駅前も、いっぺんに明るくなります。

 橋本 英一さん(70)

 都会の喧騒(けんそう)を離れ、この地が気に入り横浜から越してきてはや6年、今は最高に楽しい老後です。

このエントリーをはてなブックマークに追加