準々決勝・東明館―白石 東明館の先発今村珀孔=佐賀市のさがみどりの森球場

準々決勝・伊万里-唐津商 力投した唐津商の先発桑原悠獅=佐賀市のさがみどりの森球場

 ともに投手力が安定しており、ロースコアの競り合いとなりそうだ。

 東明館は主戦今村珀孔を軸に、接戦をものにして勝ち上がってきた。全4試合で登板している今村は防御率2・00と容易に得点を許さない。最速143キロの加藤晴空も控える。唐津商は粘り強い投球が光る桑原悠獅と要所で三振を奪える長身左腕原丈太郎の継投が予想される。

 打率はともに2割台後半だが、好機に畳み掛ける力は十分。東明館は3回戦の嬉野戦で勝負どころで連続スクイズを仕掛けるなど、1点へのこだわりが伝わる。唐津商はここまで1番宮﨑勇輔や4番原が本塁打を放っており、試合の流れを変えられる長打力に期待がかかる。

このエントリーをはてなブックマークに追加