4校の通算成績

 夏の甲子園出場を懸けた第103回全国高校野球選手権佐賀大会は23日、佐賀市のさがみどりの森球場で東明館―唐津商、佐賀商―佐賀北の準決勝2試合が行われる。東明館と佐賀北はシード校の地力の高さを示して勝ち上がり、唐津商と佐賀商の両伝統校も、試合を重ねるごとに調子を上げてきた。これまでの戦いから準決勝を展望する。(草野杏実、古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加