JA杯第36回佐賀新聞学童オリンピック大会なぎなた競技(県なぎなた連盟・佐賀新聞社主催、JAグループ佐賀特別協賛)は22日、嬉野市社会文化会館リバティであった。7チームで争った団体試合は、佐賀東ジュニアAが2連覇を達成した。

 個人試合高学年の部(4~6年)は塘彩矢佳(佐賀東ジュニア)、低学年の部(1~3年)塘琉衣果(同)が制した。演技高学年は濵本あみか・溝口真央(嬉野ク)、低学年は塘琉衣果・松尾倫花(佐賀東ジュニア)がそれぞれ制した。

 開会式では、県なぎなた連盟の篠塚周城会長やJAさがの木下直樹営農経済企画部長、佐賀新聞社の田中稔営業局長が「日頃培った技を積極的に繰り出し、思い切って試合をしてほしい」と選手たちを激励した。(井手一希)

 

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加