乗客106人が死亡した2005年の尼崎JR脱線事故で、JR西日本が検討している事故車両の保存計画の詳細が22日、明らかになった。JR西が遺族らに計画の説明を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加