1-1で迎えた四回の守り。2年の先発桑原悠獅が2四死球などで2死満塁と窮地に追い込まれたが、後続を二直で打ち取ると「ベンチの雰囲気ががらりと変わった」(捕手・片渕雄大主将)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加