日本-オーストラリア 3回、内藤が勝ち越し2ランを放つ=福島県営あづま球場(共同)

日本-オーストラリア 4回、藤田が2ランを放つ=福島県営あづま球場(共同)

日本-オーストラリア 4回、2ランを放った藤田を迎える日本ナイン。右端は宇津木監督=福島県営あづま球場(共同)

 東京五輪ソフトボールの1次リーグが21日に始まり、北京大会以来の金メダルを狙う日本はオーストラリアに8―1で五回コールド勝ちし白星スタートを切った。

 エース上野(ビックカメラ高崎)が五回途中まで1失点、7三振を奪う力投。1―1の三回に内藤実穂(佐賀女子高出身、ビックカメラ高崎)の2ランで勝ち越した。その後も四回に藤田倭(佐賀女子高出身、ビックカメラ高崎)の2ランなどで3点を加え、五回に山本(ビックカメラ高崎)の2ランで勝負を決めた。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加