1964年以来、57年ぶりに日本で開催される東京オリンピック(7月23日開幕)。佐賀県にゆかりのある日本代表選手は、11競技に14人が出場し、21日に先行開催されるソフトボールを皮切りに、8月8日まで世界の頂点を懸けた戦いを繰り広げる。新型コロナウイルス感染症対策で、ほとんどの競技会場は無観客で開催。選手のプレーを直接見ることはかなわないが、テレビ画面を通して、歴代最多出場となる県勢アスリートにエールを送りたい。(東京五輪担当記者=山口源貴)

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加