犯行に使われたとみられる小型カメラ(上)。下も小型カメラで、所持品として押収した=佐賀市の佐賀南署

 全国高校野球選手権佐賀大会が開かれているさがみどりの森球場(佐賀市)に盗撮目的で入ったとして、佐賀南署は20日、建造物侵入の疑いで、長崎県東彼杵郡東彼杵町駄地郷、アルバイト従業員の男(50)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は20日午後1時ごろ、神埼清明―佐賀商の準々決勝が行われていた球場に盗撮目的で侵入した疑い。

 南署によると、佐賀商のチアリーダーが三塁側スタンドの通路を移動する際、スカートの下に足を差し向ける男の様子を保護者が目撃した。声を掛けたところ、その場から立ち去ろうとしたため、保護者が呼び止めて確保し、大会運営関係者に引き渡した。

 南署は、男が持っていた小型カメラとサンダルを押収、サンダルに小型カメラを仕込んでいたとみて調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加