新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、東京五輪の観戦の在り方について佐賀県内でもさまざまな声が上がっている。「感動を分かち合いたいのに、行き場がない人の受け皿が必要」と店内観戦の実施を予定するスポーツバーがある一方、地元選手の五輪出場を喜ぶ自治体が感染対策を理由にパブリックビューイング(PV)の開催を見送るなど判断が分かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加