準々決勝・東明館―白石 9回裏白石1死一、三塁、4番山口優聖が右前適時打を放つ=佐賀市のさがみどりの森球場(撮影・鶴澤弘樹)

 東明館が最終回に連打で得点を重ね、白石の勢いを止めた。

 東明館は2点リードで迎えた九回、4番出田や5番窪山の左前打などで2死満塁とすると、6番石井が走者一掃の二塁打を放って突き放した。

 白石は投手陣が制球に苦しみ16四死球。七回に2点差まで詰め寄ったが、粘りも及ばなかった。

 ▽準々決勝(さがみどりの森球場)
東明館|240010004|11
白 石|100110201|6
▽三塁打 成澤(東)▽二塁打 窪山、久保、石井(東)光瀬(白)

東明館11―6白 石


  東明館打安点
(2)1加 藤400
(4) 久 保530
(9) 井 上400
(6) 出 田311
(3) 窪 山423
(7) 松 本101
2 石 井113
(8) 成 澤511
(5) 藤 田410
(1)7今 村300
   計 3499
 振球犠盗失併残
 616313115
 
  白 石打安点
(6) 山口慶410
(5) 中 村300
H 福 島110
R 小 野000
(2) 諸 岡420
(8) 山口優543
(4)3田 中412
(3) 紀 伊100
1 山口悠100
H4 岡 200
(7) 光 瀬310
(1)31 平 200
(9) 大 串400
   計 34105
 振球犠盗失併残
 9430108


投 手回 安振球
今 村5 642
加 藤4 452
……………………
 平 12/3316
山口悠31/3217
 平 4 443
 

このエントリーをはてなブックマークに追加