準々決勝・神埼清明―佐賀商 5回裏佐賀商1死一、三塁、9番原晴之が左前適時打を放つ=佐賀市のさがみどりの森球場

 佐賀商が単打を連ねるしぶとい攻めで好機を得点に結び付けた。 佐賀商は四回2死二塁から、香月の内野安打で一気に二走がかえり先制。五回は下位が起点となり、内野安打2本を含む5安打を集め3点を追加した。

 神埼清明も再三、得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかった。

 ▽準々決勝(さがみどりの森球場)
神埼清明|000000000|0
佐賀商 |00013000×|4

佐賀商4―0神埼清明


 神埼清明打安点
(2) 横 尾400
(5) 水 田400
(8) 福 地410
(6) 江 原310
(3) 吉 田310
(9) 小副川400
(4) 田 代400
(1) 福山大100
1 武 次210
(7) 永 尾200
7 千 住000
H 藤 井110
R 森 山000
   計 3250
 振球犠盗失併残
 55110011
 
  佐賀商打安点
(6) 上 田220
(7) 中島秀321
(2) 岡 部201
(3) 長谷尾300
3  平 100
(8) 香 月421
(5) 小 松410
(1) 西 岡200
1 本 山000
(4) 百 武310
(9)  原 321
   計 27104
 振球犠盗失併残
 1151205


投 手回 安振球
福山大41/3811
武 次32/3200
……………………
西 岡81/3555
本 山 2/3000
 

このエントリーをはてなブックマークに追加