第103回全国高校野球選手権佐賀大会第11日は20日、佐賀市のさがみどりの森球場で準々決勝2試合があり、東明館と佐賀商がベスト4に進出した。

 第1シードの東明館は、序盤と終盤に得点を重ねて白石を11―6。投打がかみ合った佐賀商は、神埼清明を4―0で下した。東明館は2年ぶり、佐賀商は3年ぶりの4強入り。

 第12日は21日、同球場で準々決勝の残り2試合が行われる。

■21日の試合
 【さがみどりの森球場】
 ▽準々決勝
伊万里―唐津商
(10時)
佐賀北―三養基
(12時30分)

■20日の成績 

 ▽準々決勝
東明館 11―6 白 石
佐賀商 4―0 神埼清明

 

このエントリーをはてなブックマークに追加