20日午前7時ごろ、福岡県大川市大野島付近の路上で、工事作業員の男性が男から刃物で切りつけられる事件が発生した。佐賀南署によると、男は徒歩で逃走している。

 男は30代くらいで、身長約180センチ。やせ型で灰色の長袖シャツ、黒色の長ズボン、黒いキャップ帽、黒いマスクを着用していた。大野島は筑後川と早津江川に挟まれた三角州の北側で、南側は佐賀市川副町大詫間になる。南署は大詫間を中心に市内の捜索や警戒を実施した。

 佐賀市教育委員会によると、20日は市内の全小中学校が終業式で午前中に終わったという。校門の施錠の徹底や教職員による学校周辺の巡回、集団下校などを全校に通知して注意を呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加