短歌結社「ひのくに短歌会」(吉岡正孝代表)が歌誌『ひのくに』7月号を発刊した。

 6月号作品合評は吉岡さん「うぐいすを真似る口ぶえ逢いたいの合図であった過去のふり向く」、田頭律子さん「言いたきをこらえてさらり聞き流す受話器の未練いつまでも待つ」、東家芳寛さん「わかくさの妻の笑顔ぞ美しき夜にまくらづく妻屋に炎」の3首。

 今月の同人は梶山千美子さん。エッセーは山野吾郎さんと福井淑子さんが寄せた。伊万里支社カナリア短歌会の注目歌は津田千惠子さんの「癒しにと二匹の金魚を飼いたれば水替えさえも負担になりぬ」など。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加