短歌結社かささぎ社(松尾純人代表)が歌誌『かささぎ』7月号を発刊した。

 誌上短歌会は渕幸代さん「水害に家を無くせし友なれど命があると目の奥澄めり」が最高点。次点は岸川敦子さんと松尾さん。

 6月に開いたかささぎ総会・短歌会では、渕さん「どうしても捨てられなくて又仕舞ふ母の名のある擦り切れし杖」と、角本久子さん「遠住みの母の介護の出来ざりし悔いがさいなむ『母の日』なれば」が最高点を獲得した。かささぎ短歌賞は川崎美智子さんに贈られた。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加