武雄市が推進するICT授業の一環で、デジタル教科書を使った授業が19日、保護者や教育関係者に公開された。朝日小の5年生の社会と1年生の国語で実施し、児童は1人に1台与えられているタブレット端末を教科書として活用し、45分間の授業に臨んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加