第69回九州花火大会が17日夜、唐津市で開かれた。コロナ禍から早く日常を取り戻せるよう祈った「収束への光」がテーマ。夜空いっぱいに広がった光の大輪が、見上げる人たちをやさしく照らした。
 シンクロして打ち上がった無数の大輪、海面を照らす色とりどりの火花-。感染防止のため打ち上げ時間は10分間だったが、ライトアップされた唐津城と共に、唐津の夜景を彩った。見物客からは「きれい」「流星群みたい」と歓声が上がっていた。
 毎年楽しみにしているという会社員の増本辰裕さん(33)=唐津市原=は「花火は密集しないで見られるので開催してくれてうれしい。たった10分間でも十分楽しめて思い出になった」。浴衣姿で一緒に来ていた長女莉望ちゃん(3)も「花火を見れてうれしかった」と笑顔だった。
 本紙のカメラマンが市内各地から撮影した写真を紹介する。(横田千晶)

 

■九州花火大会

唐津湾に降り注ぐように開く2尺玉花火。光の大輪が唐津の街を照らした=17日夜、唐津市の衣干山から望む(約25秒間露光、撮影・米倉義房)

 

■希望の光、次々と

市街地に明かりがともり始めた時間帯に、西の浜、東の浜、唐津城の3カ所で打ち上がる花火=唐津市(ドローン空撮・山田宏一郎)

 

■唐津城と競演

青くライトアップされた唐津城と花火が競演=唐津市の鏡山から望む(長時間露光・撮影・山口源貴)

 

■五輪選手も観覧

 

東の浜で上がった花火を観賞する3人制バスケットボールのセルビア代表の選手たち=唐津市の唐津シーサイドホテル(唐津市提供)

 

動画を公開

 花火の動画を佐賀新聞社のウェブサイトおよび、YouTube(ユーチューブ)の佐賀新聞チャンネルで公開しています。唐津市内数カ所からの動画をお楽しみください。

 

 

■「私の九州花火大会」 SNS投稿抽選で賞品

 17日に開催した九州花火大会をコロナ禍で自宅などから楽しんだ様子(ライブ配信視聴などを含む)の写真や動画を募集している。投稿者から抽選で21人に賞品をプレゼントする。
 応募は佐賀新聞の公式SNS(Instagram、Facebook、Twitter)をフォローし、「#九州花火2021唐津」と撮影地(市町、地区)を付けて投稿する。

唐津シーサイドホテル「東館ラグジュアリーツイン」

 24日までの投稿が対象。賞品は唐津シーサイドホテル「東館ラグジュアリーツイン」ペア宿泊券(1泊2食付き)1組、同ホテル「レストラン月波楼ランチバイキング」ペア10組、DHCビール4種セット10人。問い合わせは実行委員会事務局、電話0952(28)2151。

 

 


主  催 第69回九州花火大会実行委員会(佐賀新聞社、唐津市)
特別協賛 株式会社DHC

 協 賛 朝日生命保険西九州支社、いきや食品、池田組、伊藤けえらん、稲津高大法律事務所、岩村建築資材、栄信グループ、SMBC日興証券佐賀支店、エフエム佐賀、エルアングループ、大原老舗、おしきや、オリーゼ本舗、鏡果実農業協同組合、鏡山神社、加藤眼科医院、唐津魚市場、唐津ガス、唐津港振興会、唐津信用金庫、唐津土建工業、唐津のれん会、唐津プレシジョン、九州カーラ商事、九州三菱自動車販売佐賀支店、九州郵船、光洋、小峰組、佐賀銀行、佐電工、昭和グループ、JAからつ、ジェイ・テック、誠文堂印刷、高田電機、TAX唐津、大和警備保障、大和証券佐賀支店、中央警備保障、友桝飲料、トヨタカローラ佐賀、ドコモショップ唐津店、渚館きむら、ニシハツ、日本たばこ産業佐賀支店、ネッツトヨタ佐賀、ハウジングギャラリーイエス、東島電気工事、フクイM&C、ブルーム、PRESS、ホンダカーズ佐賀、増本彩工舎、松浦通運、まつばら薬局、萬坊、ミサワホーム佐賀、水野旅館、ミツシマ、宮島醤油、森商プレハブ工業、ヤマグチ建設、リョーユーパン唐津工場、脇山電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加