55キロ級で頂点に立った鳥栖工の尾西大河(提供写真)

 レスリングの全国高校生グレコローマン選手権第2日は18日、滋賀県のウカルちゃんアリーナで行われ、佐賀県勢は55キロ級の尾西大河(鳥栖工)が頂点に立った。

 尾西は多彩な技と冷静な試合運びで1回戦から準決勝までの5試合中、3試合でテクニカルフォール勝ちを収めるなど強さを発揮。決勝も五木田琉(東京・自由ヶ丘学園)をテクニカルフォールで破った。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加