土俵際に詰め寄られた神埼清明が、八回に追い付き、延長の末に有田工を振り切った。勝ち越し打を放ち、ヒーローとなった3番福地桜己は「みんながガッツポーズしてくれてうれしかった」と声を弾ませた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加