しほみ食堂「とりつるぽん定食」

 伊万里市で大正時代から続く仕出しと小料理の店「つる屋」は2015年、店舗の隣で食堂を始めた。主に宴席でしか味わえない料理を気軽に食べてもらうのが目的で、看板メニューが「とりつるぽん定食」(770円)だ。

 チキン南蛮なのだが、甘酢の代わりにオリジナルのポン酢「つるぽん」をかけるのでこの名前になった。かつおや昆布のだしを利かせて酸味を抑えたポン酢は、サクサクの衣と絡んで鶏肉のうま味を引き立てる。自家製のタルタルソースとの相性も良い。

 ポン酢は商品化し、さっぱりした口当たりの「クリア」と、コクのある「マイルド」の2種類(各648円)がある。

 食堂のメニューは元々約20品目あったが、コロナ禍以降は1日3品目に絞った。「とりつるぽん定食」と「白身フライ定食」(700円)は定番で、週替わりで「煮込みハンバーグ定食」「豚しょうが焼き定食」などがある。定食は予約でテイクアウトもでき、日替わり弁当(540円)も人気だ。(青木宏文)

▽伊万里市松島町423-5
▽11~13時半、夜は予約制
▽定休日 日曜・祝日
▽080(3909)0443

このエントリーをはてなブックマークに追加