男子予選ラウンド 個人で5位と奮闘し、団体2位の原動力となった高志館の川﨑陽太(右)=佐賀市の高志館高

 全九州高校体育大会は17日、佐賀市の高志館高などでアーチェリー、競泳、飛び込みが行われ、佐賀県勢は女子高飛び込みで村山聖来(致遠館)が優勝した。村山は3位の大内晴名(佐賀学園)とともに、全国大会の標準記録を突破した。アーチェリー団体は高志館の男女が予選でそれぞれ2、3位となり、決勝トーナメント進出を決めた。

 競泳は男子50メートル自由形の木山宝(唐津商)と寺川琉之介(武雄)、同400メートルメドレーリレーの佐賀商が全国大会の参加標準記録を突破した。

 18日は同校などでアーチェリー、競泳、飛び込みが行われる。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加