第1シードの東明館は嬉野に先制点を許したものの、終盤のチャンスをものにして逆転勝ち。豊福弘太監督は「辛抱強いうちらしいゲーム。想定した通りだった」とうなづいた。 1―2で迎えた七回。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加