白石が最終回に勝負強さを発揮、唐津工にサヨナラ勝ちした。 白石は5―5で迎えた九回、1死一、二塁の危機を併殺で乗り切ると、その裏、1番山口慶の三塁打と2番中村の右前適時打で試合を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加