サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ公式戦第20節最終日の17日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで名古屋グランパスと対戦。前半に1点を先制されたものの、後半3ゴールを奪い、3―1で5試合ぶりの勝利を飾った。通算成績は10勝7分け4敗で勝ち点を37に伸ばし、4位に浮上した。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグを終えた4クラブが未消化だった試合に臨み、首位の川崎は第18節の清水戦に2―0で快勝した。大島らが得点し、3連勝で勝ち点を58に伸ばした。

 第20節で神戸はC大阪と1―1で引き分け、勝ち点38。セルティック(スコットランド)へ移籍する古橋が得点した。

 第21節でG大阪は福岡に1―0で競り勝った。

 鳥栖はリーグ公式戦第22節最終日(アジア・チャンピオンズリーグ=ACL=の日程変更に伴う変則日程)の24日午後7時から、同スタジアムで12位のセレッソ大阪と戦う。

このエントリーをはてなブックマークに追加