県内の新型コロナ感染者状況(7月17日現在)

新型コロナの県内感染者数(7月17日現在)

 佐賀県は17日、30~70代の男女4人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。県内での感染確認は延べ2594人になった。

 県によると、16日までに神埼市と小城市、三養基郡みやき町に住む親戚グループ11人の感染が判明している。このうち10人は、今月中旬にあった親戚宅での会食に参加していた。感染した親戚には小学生の男児が含まれ、学校関係者約60人のウイルス検査を進めている。別の親戚2人に関しては、それぞれの職場で同僚1人ずつの感染が判明した。

 唐津市は、市立学校の50代女性教職員が感染したと発表した。子どもや職員の検査を実施するため、19日は女性が勤務する学校を休校にする。

 病床使用率は4・6%、軽症・無症状者が療養するホテルの使用率は1・1%。重症者はなく、中等症患者は10人となっている。(円田浩二、横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加