甲斐直美健康福祉部長(右)に目録を渡す平川浩美社長=佐賀市の佐賀県庁

甲斐直美県健康福祉部長(右)から感謝状を受けとった平川浩美社長=佐賀県庁

 新型コロナウイルスの感染防止に役立ててもらおうと、不動産会社ソロン(平川浩美社長、佐賀市)は12日、佐賀県に医療用のマスク千枚を贈った。

 マスクは同社が所有していて、地域に貢献しようと寄贈を決めた。平川社長は「医療機関のほかワクチン接種に従事する人にも使ってもらい、安心して仕事ができるようになってほしい」と話した。

 贈呈式で甲斐直美県健康福祉部長は「コロナはまだ予断を許さない状況。マスクは有効に使いたい」と謝辞を述べた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加