佐賀南署は16日、佐賀市の80代女性が現金約200万円をだまし取られるニセ電話詐欺が発生したと発表した。

 南署によると、14日午後、銀行保安協会職員を名乗る男から「ご主人の口座に12万円くらい入っている。間もなくあなたの家に男性が伺うので、暗証番号などを書いたメモを渡して」などと電話があった。その後、家に訪れた別の男からメモについてやり取りをしていた際、キャッシュカード3枚を盗まれたという。

 14日から15日にかけて、キャッシュカード1枚から10回にわたって現金が引き出された。15日、女性から話を聞いた親族が南署に相談した。

このエントリーをはてなブックマークに追加