わずか10人で春の県大会準優勝を果たした多久が、早々と初戦で姿を消した。好守の柱としてけん引した主戦の柴田翔太は「春準優勝の重圧と慢心もあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加