佐賀工打線が中盤に爆発。厳木を11―0のコールドで退けた。 1-0で迎えた四回、1死から6番伊東が変化球を左中間にはじき、口火を切った。4本の長打を含む9安打、打者一巡の猛攻で10点を奪った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加